70’s G.S.MINGAZZINI wool cycle jersey

¥ 8,900 (税込)

 

この商品について

70’s G.S.MINGAZZINI ※売り切れです

70年代のイモラ(イタリア)のチームジャージです。

ウールジャージ自体が着心地がよいですが、こちらの吊り編み機で製造されたジャージはさらにフィットし最高の着心地となります。

<吊り編みとは>

天井から吊り下げられ編み機で編む製法です。糸が自重でのみ下がっていき、下からひっぱったり、余計な力をかけずに空気を含む様に編まれます。一般的なウェアには脇下から裾にかけて、前後の生地を縫い合わせた切り替えがありますが、吊り編み機では上から下に編んでいくため切り替えがございません。吊り編みで編んだ生地は縦横に伸縮性があり体になじみます。1時間に1mしか編めず、70年代に消えていった製法です。現在は吊り編み機自体が非常に貴重です。

 

色はグリーンxブルー、文字はすべてチェーンステッチ、ファスナーはスイスの高級メーカー”riri(リリ)”のアルミ。
3バックポケット

【ブランド】ー

 

【製造国】記載はありませんがイタリア

【素材】 ヴァージンウール 

【表示サイズ】-(L相当)

着丈:79㎝ 身幅:40㎝ 肩幅:37㎝

※着丈は背面のネック中心から裾まで、身幅は右脇下から左脇下間の直線の長さです。

※ウールジャージは丈がもともと長めに製造されています。
着用すると横方向に生地が伸びて丈(縦)が縮み、ちょうど良い感じになります。

 

状態

特に目立った傷や汚れはなく良好です。

 

※洗濯機で一般の洗剤で洗えます。着心地よくやわらかく仕上げたい場合はネットに入れておしゃれ着用洗剤かウール用洗剤をお使いください。

送料⇒¥680

Sold out